講談社のマンガで雑学を学ぶ!

マンガを無料で読んで雑学をお伝えしていく暇人のブログです…ブログを見てこれがきっかけでマンガを好きになり雑学を学んでくれれば幸いにございます<m(__)m>

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

Dモーニングで連載中!どくヤン1巻を試し読み無料で読んだら爆笑した!

f:id:handsam:20200401054158j:plain

 

異質!だが笑ってしまう!!どくヤンの魅力とは?

 

どくヤンについて。

2019年の8月8日よりDモーニングで隔週連載され、今年の1月に祝1巻発売されました!令和でのギャグマンガですが面白いです!異質ですが本の知識も恐ろしい位載ってますしおすすめの本も掲載されておりますので笑いながら学べます!

 

f:id:handsam:20200401060109j:plain

ヤンキーといえばこういう方々を思い浮かべます…。 

 

私はですが試し読みで読んだ後続きが気になりだしたのもありますし、最初の出だしで爆笑してしまったので購入しました!!ヤンキーはヤンキーなんですが他のヤンキーとはまた違った味を見せてくれます!!

 

どくヤンとはどういったマンガ?

 

f:id:handsam:20200401061507j:plain

どくヤン1巻より出典。 

 

出だしから北斗の拳みたいな感じでまずそこからプっと来てしまいましたね!

199x年世界は核の炎に包まれた・みたいに出だしのインパクトは絶大でした!

 

ヤンキー用語をひねってオリジナルの用語が飛び出してきますし第一印象とは打って変わって何故?と思う世界!リアルで見たら絶対に困惑すると思います!

 

少しご紹介!

何の変哲もないメガネ高校生・野辺が編入した毘武輪凰高校は、地域でも群を抜く恐るべきヤンキー校…!そしてそのヤンキーたちは、ヤンキーであるにも関わらず読書を好むという矛盾した存在、「どくヤン」だった! バイクを駆り、ヤニを吹かしながら『こころ』を暗唱する異常な同級生たちに囲まれ、野辺の平穏なスクールライフは脆くも崩れ去る…! 令和最初にして最後のヤンキービブリオギャグ漫画、ここに爆誕!

https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000327907より引用いたしました。

 

f:id:handsam:20200402025840j:plain

どくヤン1巻より出典。

 

自分はですがヤンキーマンガといったらビーバップハイスクールですね!読書とは全くの無縁の方々を思い浮かべます!このどくヤンですが金、喧嘩、女といったヤンキーマンガでおなじみのシーンは喧嘩以外は全くといっていい程疎遠です!!

 

試し読みでも十分に楽しめますのでどうぞ!

comic-days.com

 

どくヤンでのレビュー

 

kujira
どうしよう嫌いじゃない……ものすごい出オチ感すごいんだけど嫌いになれない……ていうかこういうの大好き……。出てきてないジャンルのどくヤンの登場も求む!
 
akapon
今気づいたけど表紙でヤンキーが手に持ってるのは講談社文庫版の芥川龍之介『藪の中』なのな。講談社文庫て今でも芥川作品があるのね。2009年の刊行らしい。でも芥川で文庫なら新潮とか岩波なのではと咄嗟に思ってしまったがそう言えばこれはモーニングKCなのだった。「藪の中」をチョイスしてるのはお主できるなという感じで素晴らしい。
 
新天地
読書をこよなく愛するヤンキーたちによるギャグ漫画。出落ちになりかねない設定やネタながら、本のディープな世界を見事に紹介するのが癖になる。この漫画のヤンキーたちは実にたくさんの本を読んでいて、自分の読書量がちっぽけに思えるくらい本を読んでいる。自分も学生時代にもっと本を読めばよかったし、本について語らう友人が欲しかった。ものすごいアホな展開ばかりだがそんなことを思えるくらい本への愛が伝わってくる。闇購買の話が最高に面白かった。新作を待っているのに音沙汰のない作家って結構いるんだよな。
 
ぴよ
読書するヤンキーたちのコメディ。変な話ばかりだが、やはり「闇購買」が圧巻
 
すー
本好きなら絶対笑えるネタ満載で、めっちゃ面白いです🤣 ヤンキー×読書という異色の組み合わせがまず笑えて、それぞれのヤンキーの押しジャンルをもじった名前にも笑えます! 今まで自分があまり興味のなかったジャンルも読みたくなりました‼︎
 
キイチ
ツイートに流れてきたので、気になって購入。電子書籍版。 発想が面白い。あのジャンルが出てこないなと思ったら、この巻終わり近くで登場し、次に続く流れ、上手いわ。 本パン、ウケる。 本の匂いを嗅ぐ集まりって、確かあった気がするけど、不良テイストを加えると、こうなるのかとなかなか興味深かった。 本好きにはオススメの一冊。
 
はじめさん
やった、読メレビュー 一番乗り! 授業料無料の底辺私立・毘武輪鳳(びぶりお)高校。生徒たちは皆ヤンキー。すべての授業は「読書」であり、ヤンキーは本来読書しない…3ヶ月後にはほとんどが退学し、残ったものは麻薬中毒ならぬ活字中毒、環境に適応した読書ヤンキー、略してどくヤン。本が切れたらカツアゲで本を強奪。金奪れば好きなの買えるぞ! 気弱なパンピー主人公は転校生。私小説、SF、官能etc…敬愛するジャンルに一家言持つ奇面組のノリの名前もつクラスメイトたちと、毎日がビブオリバトル。話の終わりに登場した本の紹介!
 
いちろく

はじめさん、吹きました。ビブリオバトルのバトルの意味が違うwww でも、キチンと本を読んでいるwww

 

はじめさん

こういった、「本が題材の作品」ていうのは特段珍しくありせんが、ヤンキーが読書家っていうのは意表ついてきていて思わずキンドルお布施。ラノベの対極がヘヴィベってwww彼らがビブオリバトル出場するとたぶん熱弁で5分超過し、止めに入った運営をぶん殴って、「弁士中止!」と大正期の憲兵がホイッスル鳴らしながらなだれ込んでくる絵しか浮かばない。。。

 

https://bookmeter.com/books/15186959より引用いたしました。

 

 

読んだ感想

私はですが試し読みで読んで爆笑してしまい、実際に読んでみたら腹筋が鍛えられるくらい大爆笑に陥りました。ヤンキー×読書といった異色の組み合わせは今までにない爆笑を見せてくれます!2巻が楽しみです!

 

マンガを読んで笑って楽しく過ごしていきましょう!!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました<m(__)m>