講談社のマンガで雑学を学ぶ!

マンガを無料で読んで雑学をお伝えしていく暇人のブログです…ブログを見てこれがきっかけでマンガを好きになり雑学を学んでくれれば幸いにございます<m(__)m>

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明

ブルーピリオド5巻で表現する基本の色。色と光の三原色について調べてみた。


【三原色について知ろう】色と光の三原色、絵描き侍

 

絵を描く時に表現する基本色の三原色とは?

 

ブルーピリオド5巻で大場先生が八虎君に色と光の三原色について説明しておりました。結構細かく説明しておりどういった感じで絵を描く時に使用しているのかをお調べしていきたいと思います。

 

 

色の三原色について

色ですが黄色(Yellow),赤紫(magenta),青緑(cyan)の事を指します。左の三色を平等に混ぜ合わせるとどんどん色が暗くなり最終的には黒になります。この混ぜ合わせた色を滅法混色というそうです。

 

f:id:handsam:20130820164343j:plain


http://www.sharots.com/sozai/iro.htmlより引用いたしました。

 

この滅法混色を主に使用しているのはカラー写真やインクジェット、カラーコピーのカートリッジがそれにあたります。

 

f:id:handsam:20200229161400p:plain

 

ではこの三原色の内何故Yellowは黄色のままですがmagentaは赤紫、cyanは空色と日本語で呼べばいいのに英語表記でmagenta,cyanと呼ばれているのか?解らないのでお調べしたいと思います。

 

補足ですがインクジェット等色の三原色を使用しているのですがプリンター

等紙に出力するとなると話が違ってきます。

 

インクは混ぜると暗くなるからトナーでは黒も追加しています!

 

magenta(赤紫色)について

まずあまり聞かないと思います。このmagentaと呼ばれる色の由来はイタリアで19世紀半ばにマゼンタの戦いと呼ばれる同じ時期にちょうど奇麗な有機塗料が発見されたことからその塗料が「マゼンタ」と名付けられたそうです。

 

↓の画像は芸術家が描いたマゼンタの戦いの様子の絵になります。

 

f:id:handsam:20200229160832j:plain

https://jp.painting-planet.com/images/image159_6.jpgより引用いたしました。

 

上の色を見て分かるかと思いますが赤紫色しているかと思います。このマゼンタ色に対して赤とか青とかの単体の名前がなく日本語にしたら赤紫色になるのですが長い!との事でそのままマゼンタになったそうです。

 

ちなみにこのマゼンタですがイタリアのミラノの都市の名前です。

cyan(空色)について

こちらもあまり聞かないと思います。このcyanという色の由来ですが古代ギリシャのcyanos(サイノス)という言葉が由来になっており暗い青を意味するそうです。

 

こちらもmagenta同様に日本語に対応する赤や黄色等の単発の語源がなく青緑と呼ぶにも長い!との事でそのままcyanになったそうですよ!

 

補足の雑学!

チアノーゼ(cyanosis)も実はcyanosからの派生で生まれた言葉だといわれております。こちらの意味は青紫の肌という意味で言葉は違っても語源が似ていているという訳です。

 

それでは次に光の三原色についてお調べしたいと思います。

 

光の三原色

 

f:id:handsam:20130820164428j:plain

 

光の三原色ですが赤、青、緑の三色で混ぜると作られる色で色の三原色とは逆に混ぜると色が明るくなり平等に混ぜ合わせると最終的に白になります。こちらの呼び名が加法混色と呼ばれております。

 

この加法混色で主に使われているのがテレビやパソコンのモニター、電気の看板や電灯がそれにあたりその物自身が光を発してるものが光の三原色で色が作られているものになります。

 

f:id:handsam:20200303215145j:plain

 

この3色の組み合わせでこの世にある色をすべてといっていい程作り出すことができるそうですよ!夏休みの宿題的な物でできるようですので↓

 

www.nikon.co.jp

 

実際にどんなものか?

赤、青、緑の色を調整してすべての色を作り出せるというものでございます。この調整ですが%では表さず0~255の計256段階で表しており普段色を混ぜているのはパソコン等のディスプレイ上の処理になります。

 

f:id:handsam:20200303215145j:plain

 

この色の処理ですが赤、青、緑の比率で表しており、知らなかったのですがコンピューター内で処理しやすい8の倍数で赤、青、緑のそれぞれ3色の比率を処理しているそうです。

 

もっとも使われている色の処理ですが赤は180青は80緑は200といった比率が一番使われているそうです。赤が180であれば光の強さが256分の180だという事だそうです。上の0~255の数値は光の強さの数値になります。

 

ゲーム内でも光の三原色!

記事書いてみて思い出したのですが昔FF7でメニュー画面の色を変えてやったのを思い出しまして初期画面は青だったのですがコンフィグコマンドで赤、青、緑と色設定されているのがありました。

 

f:id:handsam:20200303211759j:plain

https://42986506.at.webry.info/201706/article_16.htmlより引用いたしました。

 

初期設定は青だったのですが当時赤だの黄緑だの虹色だの自分でメニュー画面をカスタマイズさせていましたね。最終的には初期設定の青に落ち着きましたがやってて目が痛くなりましたね!

 

色と光の三原色についての感想!

調べるまで色と光が三原色によって作られているのも知りませんでしたし日常で使われている事も知りませんでした!そもそも三原色という単語も知りませんでしたし…。

 

色の語源なるものも歴史なんて初めて知りましたし、まだまだ分からない事だらけです!自分はですが教科書等よりマンガ読んでた方が勉強になりますし調べて知識をもっと得たいです!

 

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。<m(__)m>